「ビジターQ」(2000)

70点70
グシャグシャに壊れまくった中流家庭が、鮮やかな再生を遂げるまで。超シリアスな題材を、鬼才、三池崇史がドライブ感たっぷりのビデオ映像の横行で描ききった渾身の力作。

あらすじ

山崎家は崩壊寸前だった。女子高生とのエンコーの実態をドキュメンタリーに撮るつもりが、家出中の娘・美貴と関係を持ってしまった元ニュースキャスターの父・山崎。外ではいじめられっ子、家では母親に暴力を振るう息子の卓哉。そして、息子の暴力から逃れる為、SM売春でクスリ代を稼ぐ母・恵子。そんな一家に、山崎の頭をカチ割ったことが縁で秀臣という若者が住みつくようになる。さて、取り返しのつかない失態をやらかし番組を降板させられていた山崎は、現場復帰を図ろうと息子のいじめの実態に迫るドキュメントを企画していた。だが、レポーターの麻子を口説くのに失敗した彼は逆ギレ、彼女を殺し死姦する。ところが、死後硬直によって彼女の体から山崎のペニスが抜けなくなってしまった! そんな彼を救ったのは、不思議な力を持った秀臣によって癒され愛に目覚めた恵子だった。そして、恵子の勇姿に心打たれた山崎は、失われた家族の絆を取り戻すべく、いじめっ子たちを殺害し卓哉をいじめから助ける。やがて、秀臣によって美貴も帰宅。こうして、山崎家は再生するのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2000年
製作国 日本
配給 シネロケット=日本トラステック
上映時間 84
公開日 2001年3月17日(土)公開
映倫 R18+
カテゴリ バイオレンス
チケット 前売りチケットを購入する