「難波金融伝・ミナミの帝王スペシャルVer.50/金貸しの掟」

80点80
主演・竹内力が、泣く子も黙るミナミの取り立て屋、萬田銀次郎に扮する人気シリーズの第50弾! 今回の敵は、臓器を担保に借金をさせるという悪徳金融の極道・杉浦会。自分の領域を侵された落とし前を付けるために、銀次郎の制裁が鮮やかに始まる。“ミナミの鬼“と言われても、実は情深い、アツイ男・萬田銀次郎の雄叫びにシビれろ!

あらすじ

トイチの利息で金を貸し、容赦の無い取り立てで”ミナミの鬼“と恐れられている銀次郎の、顧客である洋食屋店主・菅原や町工場社長の新里らに群がる詐欺金融。お陰で、菅原らの負債が回収不可能となった銀次郎は、そのバックで巨大組織・杉浦会の若頭・堂本が糸を引いていることを突き止めるが、更に、組の跡目を狙う堂本が組長代行として一家を取り仕切る未亡人・雪乃を失脚させるべく、中井組と折半することになっていた大手ゼネコン・京阪開発の徳島のリゾート・ホテル開発に関する地元対策の仕事を、チンピラの川谷を使って頓挫させようと画策、その為に邪魔になった若頭補佐で次代組長候補の藤木まで手にかけていたことも判明する。中井組にも当座の対策費として5千万円を融資していた銀次郎は、そんな堂本の極悪非道なやり口を知って憤怒。潜伏していた川谷を捕まえ、彼に証言させることで堂本を逮捕に追い込むと、数日後、責任を感じた新組長・雪乃から菅原らの負債回収にも成功するのだった。 【キネマ旬報データベースより】
配給 ケイエスエス=よみうりテレビ
公開日 2004年6月26日(土)公開
チケット 前売りチケットを購入する