「dead BEAT」(1999)

0点--
予期せず手にした金と女を抱え、ここではないどこかに逃げる青年の破滅的な物語。「トランスミッション」も好評の村上淳が主人公に扮し、現代っ子の焦燥感をリアルに体現。

あらすじ

寂れたバー・boreを経営している元ヤクザの柴田は、妻と娘の3人で静かな生活を送っている一方、裏では借金の返済に追われ、仲間の真とつるんで盗難車の売買に手を染めていた。ある日、真が盗んだベンツから左目に眼帯をした若い女と大量の札束が発見される。エミと名乗るその女には記憶がなく、彼女は柴田に内緒で金をネコババした真の家に居着いてしまう。その頃、車を盗まれたヤクザの上村が、躍起になってその行方を追っていた。実はエミは上村の愛人で、札束は上村が組織の金を横領したものだったのだ。車から足がつき、柴田たちのことを突き止める上村。しかし、それを知った真がエミと札束を抱えて逃走。上村はふたりを追うも、彼もまた組から追われる身となっていた。真とエミ、上村、そして組織。彼らの対決現場に遅れて到着した柴田がそこで見たものは…、累々と横たわる死体であった。その中から真の遺体を探し、車に乗せた柴田。彼は、静かにその場を去った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1999年
製作国 日本
配給 ギャガ
上映時間 80
公開日 1999年8月7日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する