「赤い橋の下のぬるい水」(2001)

【DVD発売中】

68点68
「カンゾー先生」の今村昌平が、性的ファンタジーをベースにある男女の機微を絶妙の“温度“で切り取った最新作。自身をもてあます女と、収まりどころを失った男の幸福な出会いを綴る。

あらすじ

失業中の中年男・笹野は、孤独な死を遂げた人生の師と仰ぐホームレスのタロウを偲ぶうち、彼が生前「能登半島の日本海に面した赤い橋のたもとの家の壺の中に、宝物を隠した」と言っていたのを想い出し、そこを訪ねてみようと思い立つ。果たして、その家には痴呆を患う老婆・ミツと、男性と性的に交わらないと体内に水が溜まり、悪いことをしてしまう不思議な体質の和菓子職人・サエコが暮らしていた。そんなサエコとひょんなことから関係を持った笹野は、その後、地元の若い漁師・新太郎の世話で漁師として町で暮らしながら、サエコから体に水が溜まったと連絡を受ければ彼女の元へ馳せ参じる日々を送るようになる。そして彼は、ミツもまたサエコのような体質であったこと、彼女がタロウの女であったことなどを知る。そう、タロウの言っていたお宝とはミツのことだったのだ。それから暫くして、笹野はサエコが見知らぬ男・泰造と親しげに話すのを目撃する。実は、泰造はサエコの体の秘密を知っており、好き者の客に彼女を引き合わせようとしていたのだ。それを知った笹野は、彼からサエコを奪い返すと、彼女と何度も愛し合うのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2001年
製作国 日本
配給 日活=「赤い橋の下のぬるい水」製作委員会
上映時間 119
公開日 2001年11月3日(土)公開
映倫 R15+
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する