「刺客列伝」(1969)

0点--
西村昭五郎監督によるアクション色の強い任侠映画。将来を誓い合った女郎、おしのの身請け金を作るために、樋口正次郎は松田一家の仕切る石切場の人足として働くことになった。しかし、そこでは監督官らの不正がはびこっており、ついに堪忍袋の緒が切れた正次郎は一家に殴り込みをかける。

あらすじ

樋口正次郎は、渡世の義理から人を斬り、将来を約束した女郎おしのと別れた。おしのの身請け金を得るために、松田一家の仕切る石切場の人足になった。松田は監督官の俵少佐にとり入って甘い汁を吸っていた。そのカラクリを知って、暴れた正次郎は、松田の目にとまって用心棒のグループに入れられた。そこには、安、勝、清吉、銀次、鉄ら、ひと癖ある殺し屋がゴロゴロしていた。逃げた作業員に残酷なリンチを加える彼らも、女ができると、次第に自分たちの稼業に嫌気がさして来た。しかし、松田にかけ合いに行った清吉は殺された。その頃、正次郎は、石源の家にいる、兄を石切場で失った娘・芳江と知り合った。一方、松田は、軍の命令で納期が早まると、インチキ賭博で、作業員たちの給金をまき上げ、飯場へ逆戻りさせた。そんな頃、ピストルの名人・新田兄弟が、仲間入りした。実は、正次郎を狙ってきたのだった。その頃、三人の作業員が脱走を計画した。芳江と石源、正次郎が協力し、石源が松田の子分に殺された。正次郎と、六人の殺し屋もついに決起し、松田の事務所を襲い、捕われた芳江を救出した。俵少佐を見送りに駅にいた松田は、急報に高飛びしようとした。が、七人も後を追って列車に乗り込み、俵少佐を倒したが勝、新田兄弟、銀次、鉄が死んだ。しかし、ついに松田も正次郎の執念の白刃に刺された。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1969年
製作国 日本
配給 日活
チケット 前売りチケットを購入する