「独立少年合唱団」(2000)

70点70
1970年代のノスタルジックな空気の中に、少年たちの思春期をみずみずしく描き出した青春劇。少年たちの伸び伸びとした歌声はもちろん、全編を彩る弦楽の美しい調べにも注目。

あらすじ

1970年代初頭。父親を亡くし、山の中の全寮制中学校“独立学院”に転校した道夫は、音楽室で“ウィーン少年合唱団”に入団するのが夢だと言う美しいソプラノを持つ少年・康夫と出会う。康夫は、吃音症の道夫に何かと親切にしてくれ、彼を学院の合唱団の顧問教師・清野に引き合わせる。清野によって、歌っている時は自分がどもらないことに気づいた道夫は、合唱団に入団。歌うことで自信を持ち、康夫との友情も深めていく。だが、そんな彼らにショッキングな出来事が起こる。東京で学生運動をしている清野の後輩・里美が彼らの眼前で壮絶な爆死を遂げ、更に変声期を迎えた康夫の声が出なくなってしまったのだ。コンクール出場を控え、苛立ちを押さえきれない康夫。やがて、彼はコンクール優勝への闘志と里美から影響を受けた学生運動へのそれを重ねるようになり、彼の声の代わりを務めてくれた道夫と共に暴走を始める。だが、コンクールの結果は3位に終わった。それから暫く後、優勝と革命への希求に挫折した康夫がトラックで事故を起こし、逝ってしまう。その時、彼の脳裏には道夫と共にコンクールで熱唱する自分の姿があった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2000年
製作国 日本
配給 サンセントシネマワークス=バンダイビジュアル=WOWOW
上映時間 129
公開日 2001年3月3日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する