「殺人者を消せ」(1964)

0点--
石原裕次郎と舛田利雄監督のコンビによるコメディ・アクション。裕次郎扮する平凡なサラリーマンが、大倉庫会社の二代目に顔が生き写しのためその身代わりとなって、会社を乗っ取ろうと画策する悪玉と闘う。ギャグに新味がなく凡打に終わった。

あらすじ

カストロ髭をたくわえた早川次郎は、拘置所で佐竹と名乗る男から「一カ月だけ身替り社長になって欲しい」と依頼された。サラリーマンの単調な生活にあきていた次郎は、何度も日本脱出を試みていた時であったので、この冒険にとびついた。泉海運というその会社は、横浜屈指の倉庫会社であったが、アメリカに留学中の次男信夫をのぞいて、一家が自動車事故で死亡したのだった。次郎は、信夫の写真を見て、自分と瓜二つなのに驚いた。佐竹は経理課長であったが、使いこみがバレることを極度に恐れていた。翌日の羽田空港から、次郎は信夫の身代りとなった。巧みな次郎の演技は、信夫の婚約者林百合をのぞいて、誰も疑う者はいなかった。だが、次郎はそれ以来危険な目に遭遇した。泉親子の死に方と同じあくどい作為であった。一方クラブ“66”では、沖専務、植草、須田、山下常務、大株主の白井、森中、それに前社長秘書の小西洋子の七人は、新社長暗殺の秘策を練っていた。その頃百合は、次郎が信夫の身替りだと見破ったが次郎の素朴な誠実さに、いつか好意を抱いた。次郎は依然として危険にさらされていた。沖をはじめとする謀略組は、次郎のつよ気にむしろおびえていた。洋子を使って次郎をベッドに連れこむとダイナマイトで次郎を殺そうとしたが、この計画も失敗に終り、爆音が次郎のいない部屋で起った。腹をたてた沖らは、洋子を串刺しにすると、仲間の間で醜い争いを起し、森中、山下、白井、須田らは、自滅していた。あくまで次郎を消そうとする沖らは、植草、佐竹、百合と共に次郎をヨットで海に誘った。しかし途中、ささいなことから、沖と植草は仲間割れし、自滅した。佐竹もヨットからふり落されて死んだ。飛行機で日本脱出を計った次郎を追いかけた百合は、スイスで、次郎の胸にだかれた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1964年
製作国 日本
配給 日活
チケット 前売りチケットを購入する