「銀の男・青森純情篇」(2001)

0点--
六本木に実在するホストクラブ『Dios』を舞台にした本宮ひろ志の人気同名漫画を映画化。すでに公開中の「…六本木伝説」と本作「…青森純情篇」の2作で構成される青春群像劇だ。

あらすじ

風俗史の研究を続けている倫子が通うホストクラブDiosで働く役者志望で青森出身の透は、ある日、高校時代の同級生で映画監督を目指していた美和と再会する。当時、不良だった彼には、美和への憧れをきっかけに映画作りの面白さを知り、役者への道を歩き始めたという経緯があった。現在、テレビ局の下請けプロダクションでディレクターをしているという美和と、懐かしい話で盛り上がる透。だが、彼女には悩みがあった。母親の手術代500万円がどうしても用立てられないと言うのだ。そこで透は金策に走り、期日まで450万円を用意する。ところが、実はその金は美和の同棲相手が作った借金返済の為のものだったのである。一度はその金を受け取る美和。しかし、彼女は透にその金を返す。1本のヴィデオテープと共に。そのテープには、『あこがれ』と題した高校時代に内緒で透の姿を撮っていた未完の映画が収録されていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2001年
製作国 日本
配給 シー・アイ・エー=プロフェッショナル・マネージメント
上映時間 89
公開日 2002年2月16日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する