「聞こゆるや」(2004)

100点100
これまで主に演劇界で活躍してきた山田武が初監督を務め、故郷である熊本の地元民と共に作り上げた人間ドラマ。久々に故郷の地に戻った男が、高校時代に経験した今も痛烈に残る過去と対峙する。青春期に多くの人が1度は経験するであろう、純粋すぎるゆえの悩みや焦燥感が甦る好編だ。

あらすじ

200X年夏、熊本。「私」(石田えり)は、20数年ぶりに故郷に帰ってきた。帰郷の理由は、高校生の時に離婚した父親の墓参りをするためだ。しかし、帰ってきたのはそれだけではなかった。久しぶりの里帰りには、もう1つ大きな目的があった。方言が心地よく耳に響く。市電が走る懐かしい風景。思わずタクシーを降りて、「私」は市電に乗ってみる。デザインは変わってしまったけれど、シートに腰を沈めると、まるできのうのことのように、高校時代の「私」に戻ることができた。甘酸っぱい思いが去来する。頭の中では、まるで走馬灯のように思い出が駆け巡る。あまりにも長い時間が経ってしまっていた。しかし、どうしても忘れることができないあの夏の日々に、決着をつけなければ。そのために、「私」は熊本に帰ってきたのだ…。198X年夏、熊本。高校3年になった慎一(太田強志)は、青春真っ只中にいた。サッカー部で泥と汗にまみれてボールを追う一方、詩を作る感受性も持ち合わせる、純粋でちょっとシャイなところのある少年だ。慎一には、気になる少女がいた。毎朝、自転車で通学する慎一の目を釘付けにしたのは、市電の中で見かける他校の女生徒だった。男なら何とかせにゃ。慎一は、ありったけの勇気を振り絞り、彼女に手紙を手渡した。慎一の思いは通じ、 2人は交際を始める。愛用の赤いブリヂストン・ロードマンに彼女を乗せて、疾走する慎一。青春がはじけ、希望が広がっていた。つかの間の幸せな時間。しかし、それは長くは続かなかった。少女は、両親の離婚という自分ではどうにもできない流れの中で、ひとり悩み、苦しんでいた。慎一に不安な気持ちを打ち明けることで、2人の心の距離は縮まっていった。だが、それとは裏腹に、少女は熊本からはるか遠くに離れた埼玉に引っ越すことになってしまう。一方、慎一も幼なじみの自殺を目の当たりにして、人生のはかなさを味わっていた。そんな時、不思議な桃売りの男・剛志と出会う。慎一は桃売りの手伝いをしながら、剛志といろいろなことを語り合った。自分の望む未来とは何かを模索する慎一。そして、運命の花火大会の夜。慎一と剛志は、最終の市電に乗っていた。その市電の中で、ある事件は起こった。見て見ぬふりをして、何もしない大人たち。それを許せない慎一。純粋であるがゆえの行動が、慎一の未来を大きく狂わせていくのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2004年
製作国 日本
配給 Ryun=「聞こゆるや」制作委員会
上映時間 133
公開日 2005年6月11日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する