「喜劇 大安旅行」(1968)

0点--
大阪発南紀行きの列車は新婚カップルで超満員。車掌の並木大作は、恋人が働く新宮駅の寿司屋に寄るのが唯一の楽しみで……。ヒロインの新珠は、東宝“社長“シリーズなどで、喜劇はお手のもの。ここでものちのTVドラマ『細うで繁盛記』などとは違った、軽い演技を披露している。

あらすじ

今日は、大安吉日。大阪天王寺駅を発った列車は、南紀方面に旅行する新婚組で超満員だった。専務車掌の並木大作は、目のやり場に困りながら職務の検札に廻っていた。その大作にも、ひそかに想いを寄せる女性があった。その相手は、新宮駅前の寿司屋の娘雪子だった。大作は暇さえあれば、「丸新」に立寄り、寿司を食いながら雪子を口説くが、いつも雪子の母で、未亡人のうめに邪魔をされていた。「将を射んと欲すれば、まず馬を射よ」である。大作は気に入られようと、うめのご機嫌とりをかかさなかった。さて大作の家では、父親の甚吾が大作に観光船ガイドの靖子との結婚を勧め、大作は甚吾にうめとの再婚話をもち寄り、顔を合わせるごとに二人は、結婚の勧めっこをしていた。ところが、甚吾は年がいもなく、息子の恋する雪子に惚れていた。「丸新」へ愛の告白に出かけた甚吾ではあったが、話がどう行き違ったのか、うめとの結婚話が成立してしまった。やがて大安吉日、甚吾とうめは新婚旅行に発っていった。大作が雪子を別府に誘いだしたのはそんな折。ところが車中で甚吾夫婦とバッタリ出会いげんなりしてしまった。翌日、別府についた大作は、雪子を積極的にアタックした。それなのに、雪子の言葉は「私たちは兄妹よ。結婚なんておかしいわ」とつれなかった。あきらめきれない大作を待っていたのは、観光船ガイドから新婚列車の車内販売係にのり移った晴子だった。大作は晴子を横目で見ながら、今日もまた新婚組の検札に出掛けるのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1968年
製作国 日本
配給 松竹
チケット 前売りチケットを購入する