「顔役〈1971年〉」(1971)

60点60
勝新太郎の意欲に満ちた監督第1作だが、発表当時はほとんど評価されなかった。勝自身が扮する破天荒な刑事が、信用金庫の不正融資事件の黒幕を暴き、その真犯人を倒すという内容。その映像から炸裂するパワーは類型的なジャンル映画の範疇から文字通りハミ出していく。手だけを追い続けることで賭博場の空気を伝える白熱の冒頭から、いきなり足の指の間から顔をのぞかせる主人公の初登場シーン、夢幻世界を思わすカー・クラッシュのめくるめくイメージ、そして画面が土に覆われ暗くなっていくクライマックスまで、目も覚めるような場面の連続。徹底的にクローズアップにこだわった構図は個性派俳優たちの面構えや存在感をシンプルに引き出し、また要所要所に挿入された“路上“のショットの数々は社会への確かな視点も感じさせる。その一方で、鏡像を効果的に用いたり、ファンキーな劇中音楽を寸断したりと、繊細な演出も発揮。なにはともあれ、唯一無二のグルーブ感が全編を疾走する一大娯楽作であることは間違いないだろう。

あらすじ

悪徳刑事か、カッコいい刑事か、立花良太は一見しただけでは判断できないタイプの刑事だ。博奕も打つし、ストリップも木戸御免。殺人事件の現場へでかける途中で、新米の和田刑事にネクタイを買ってやったり、朝の集合に顔をださなかったり。だが腕は一流、独得の捜査方法で、立花は某信用金庫の不正融資事件の核心へ。そして、その裏で糸を引く暴力組織へぐいぐい入り込んでいった。立花の乱暴な確信と先取りのカンは鋭く、事件を強烈にえぐる。事件の核である、大淀組と新興の入江組は、無気味な勢力争いを続け、その為白昼、車と人の洪水の中で傷害事件や、ナイトクラブをでた大淀組々長尾形千造を狙った拳銃乱射事件が起きた。捜査当局はが然色めき、今度こそは徹底的に暴力組織壊滅へと意気込んだ。立花は大淀組の若衆頭俊夫を逮捕してもうれつに取調べ始める。だが、事件の鍵を握る信用金庫の栗原支店長は、家族ぐるみ乗っていた車を滅茶苦茶につぶされて即死してしまう。さらに何者かの圧力によって突然捜査の打切りが決定した。立花はいきどおり、警察手帳を課長に投げつけ、夜の雑踏へとまぎれ込む。一方、大淀組と入江組の対立は一層激化。一触即発の危機をふくみながら、大親分星野の仲介で手打式が打たれた。だが、偽装だった。これは、裏で立花が仕組んだ一手で、彼の怒りも憎しみも消えていなかった。数日後、高級乗用車に尾形と同乗した立花は、警察署の前で車をUターンさせた。やがて車は一望千里の荒ばくたる埋立地を走る。そこには、尾形に対する立花の決着が待っていた。尾形は、立花によって殺された。しかし、立花には、一握りの泥をすくっただけたったのではないのだろうかという疑間と、むなしさだけが残った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1971年
製作国 日本
配給 東宝=勝プロ
上映時間 98
チケット 前売りチケットを購入する