「すべてが狂ってる」(1960)

【DVD発売中】

71点71
松竹ヌーヴェル・ヴァーグを意識して企画、破滅的な若者たちを乾いたカメラアイに捉えた鈴木清順監督作品。モデル出身の新人・禰津良子の奇妙な存在感が見もの。吉永小百合がワンカット、アップで出演している。アクションを積み重ねていく彼の演出スタイルは、変節する時代の表面に浮上してきた若者像をつかむのにきわめて有効であった。

あらすじ

今日も盛り場の暑さにうだる通りを、宮本信久をリーダーとする高校生不良グループがのし歩いていた。グループの一人杉田次郎は、昌代という母一人の家庭に育った少年である。グループにひろわれたみつるという少女に乱暴するみんなと別れて、彼は一人家に帰った。次郎にとっては家庭も冷たい場所だった。母の昌代は南原という男の世話をうけていた。そんな母が次郎には耐えられなかった。家をとびだした彼はアベックを襲って金をまきあげ、暴れた。彼等のグループの一人に敏美という次郎を愛している少女がいた。しかし彼女の愛にも次郎はこたえる気がしなかった。昌代から次郎の荒れた生活を聞いた南原は、自分たちが決して不純な関係で結ばれているのではないことを話すため、次郎をさがした。そして不良少女の一人悦子から次郎が逗子海岸に行くときき、そこに出かけた。が、その日逗子海岸にいたのは当の悦子だった。悦子は南原を誘惑した。その時、敏美から事情を聞いた次郎が母をつれて逗子にやってき、ベッドのそばで下着一つでいる悦子と南原の姿を見てしまった。南原のあとを追う母の姿に、次郎は絶望した。オープンカーを盗んだ次郎は敏美とともにスピードに狂った。途中南原が二人の姿をみてとめた。次郎は南原をスパナで殴り倒した。次郎と敏美がトラックと車を衝突させて死んだのはそれから間もなくしてだった。狂って次郎の姿をさがす母の昌代の姿をみて、誰かがつぶやいた。「現代では、人間の間に善意の通じる場所がない。すべてが狂っているんだ」と。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1960年
製作国 日本
配給 日活
チケット 前売りチケットを購入する