「河内カルメン」(1966)

【DVD発売中】

64点64
女が美貌を武器に、したたかになっていく過程を描いた今東光の原作が、独特の清順ワールドの中に再構成された異色作。河内に生まれたセクシー娘は、町の男たちに強姦されたことと、病弱な父親を顧みず生臭坊主を家に連れ込む母親にいや気がさしたことが原因で、家を出て大阪に向かう。ここで彼女はホステスをしながら、様々な男たちと出会い別れ、成長していく……。日常シーンに突如として現れる火・水などの奇妙な清順的モチーフが、モノクロ映像と相まって、オカルト的なまでの夢幻的趣を出す。またひょろ長いアパートの明と暗を効果的に用いた演出を多くの評論家が称賛している。

あらすじ

河内のドン百姓勇造の娘麗子は、美しく豊かな肉体で村中の男を悩殺していた。中でも刷毛工場の息子で大学生の彰は、露子に夢中であったが、露子もまた彰に強く魅かれていた。が、村祭の夜、悪童らに処女を奪われ、母のきくが悪坊主良巌坊と関係するのを見た露子は、家出同然に大阪にとび出した。さて大阪に出た露子は同級生雪江の世話でバーに勤めた。いやらしい沢山の男の中で、同郷人だという勘造は露子に惣れこみ、露子のアパートに同居した。そのうち露子は鹿島洋子の誘いでフアッションモデルとして生計をたてることになった。鹿島洋子の家に移って、コーチを受ける露子は、洋子のセックスフレンドである経理士誠二から、洋子はすごい同性愛で露子は狙われていると聞かされ驚愕した。そしてある夜寝室を襲われた露子は、とうとう洋子のもとを逃げ出して、誠二の家にころがりこんだ。デパートのマネキンになった露子は、偶然彰にめぐり会い、誠二と別れて彰のアパートに移った。生駒山に温泉を掘ろうと野心を抱く彰のため、露子は誠二の力を借りて金貸斎藤長兵衛のメカケとなった。長兵衛に気に入られた露子を縁に、彰は長兵衛に借金を頼んだが断わられ、あげくに、長兵衛の趣味とするブルーフィルム製作のスターにかり出される始末。露子はそんな彰に半ば呆れ果てるのだった。そして数日後、長兵衛は事故死した。露子はマンションの権利をもらいうけ、一躍金持ちになった。彰が金のことでやくざに殺されたあと、露子は河内に着飾って帰って来た。だが母のきく、妹の仙子が良厳坊と寝る仲なのを知った露子は、良巌坊を滝のうえに、呼び出し、詰問する間、良巌坊は足をすべらして谷底に落ちた。家のゴタゴタを片づけた露子は、再び都へととび出していった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1966年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 89
チケット 前売りチケットを購入する