「無頼 人斬り五郎」(1968)

0点--
藤田五郎は、刑務所の中で獄死した弟分の林田の姉を探して林田の故郷を訪ねると、彼女が赤線の女になっていることを知る。地元の暴力団・名振会は、五郎を煙たがり、刺客をさしむけるが……。

あらすじ

昭和三十年頃。藤川五郎と弟分の林田は、名振会との出入りがもとで刑務所へ入ったが、林田は姉しのぶのことを頼むと死んでしまった。五郎は仮出所の許可がおりると、林田の故郷を訪れ、しのぶの勤務先を探した。だが、尋ねあてた劇場は、三年も前にストリップ小屋になっており、彼女の姿はなかった。五郎は「ホテル三河」のボイラーマンとして住込み、しのぶ探しを始めた。そんな矢先、五郎はホテルで、バスで一緒になったことのある由紀に出会った。由起の父は八年前に死んだが、それは名振会が殺したものだった。由起はある日、名振会の幹部白山から金を受けとった。父が貸した金の返済ということだったが、この一件以来由紀は、名振会のいやがらせを受ける羽目になってしまった。由紀をかばった五郎もまた元やくざの素姓が知れ、ホテルをクビになってしまった。街におりた五郎は、由起が今度は名振会の黒松から、いやがらせを受けているのに出くわし乱闘になった。その仲裁をしたりは、白山だった。白山からしのぶが赤線にいることを聞いた五郎は、落ちぶれた彼女の力になろうと心に誓った。一方、名振会では、五郎がストリップ小屋主海藤の所にいると聞きこみ、由起を囮に使っておびきだそうと計画した。会長の牧野は、その役目に石丸をたてたが、五郎は石丸をさとし逃がすのだった。だがこの一件から、石丸の恋人苗子がひどい仕打を受け、怒った石丸は、黒松を刺した。石松と苗子の死体が見つかったのは、その翌日だった。それから間もなく、五郎は牧野にそそのかされた海藤に襲われた。傷ついた海藤はしのぶの手当を受けたが、裏切者として牧野一味に殺されてしまった。二人の死を聞いた五郎は、猛然と組員の中へ斬りこんだ。その頃、牧野から五郎との対決を命令された白山は、由紀に会い、彼女の父を殺したのをわびた。拳銃を構えながら近寄る白山の腹を、五郎の短刀が一瞬早く突き刺した。空拳銃で対峙した白山は、由紀と五郎を前に死を覚悟していたのだった。五郎は、由起をフェリーボートで志摩へ送り返すと、単身名振会へ殴りこんだ。激闘は、広い塩田から製塩工場へと続き、牧野、大羽は次々と倒れていったのだった。塩田を、よろめきながら歩く五郎の顔には、やくざのむなしさの中にも、なにか晴れやかな表情が浮んでいた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1968年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 89
チケット 前売りチケットを購入する