「鉄と鉛」(1997)

【DVD発売中】

0点--
漫画家、きうちかずひろが自作の映画化「BE−BOP−HIGHSCHOOL」に続いてメガホンをとったアクション。悲壮な覚悟で最後の仕事に挑んだ、中年探偵の奔走が展開する。

あらすじ

元刑事の中年探偵が依頼を受けて探し当てた男が、当の依頼人であった愛人・純子によって殺された。殺された男は暴力団浜健組組長の一人息子で、しかも妊娠中の妻がショックで産気づき、生まれた子供は22時間13分で死んでしまったという。浜健組組長は純子を警察の拘置所で弁護士に化けたヒットマンに殺させ、さらに探偵のもとにも乗り込んできた。息子と孫の死を探偵に償わせるため、組長は一方的に彼の命の期限をあと22時間13分と区切る。最後の仕事をする気になった探偵は、一度は断った深雪という少女の、一カ月前に突然いなくなった兄・洋一を探してほしいという依頼を受けることにした。情報屋からヤクの元締め・石川の情報を得た探偵はさっそく接触するが、反対に売人の泉に叩きのめされる。探偵には浜健組のやくざ・矢能が見張り役として張り付いていたが、矢能は探偵がやられるのを面白がっているだけだった。隙を見て矢能の拳銃を奪った探偵は、石川を脅して洋一が昔の仲間・金光と一緒にいることを聞き出す。ふたりの隠れ家に忍び込んだ探偵は、そこで目隠しされて縛られている少年を発見するが、そこへふたりが帰ってきたため、後で必ず助けると約束して身を隠した。洋一は強引に誘拐に参加させられたようで、帰る早々口論を始めた金光が洋一の太股を撃ち抜く。探偵は行動を起こすが金光に手を撃たれ、戻りが遅いので様子を見にきた矢能に助けられた。矢能とともに誘拐事件の全容をつきとめた探偵は取引現場を押さえるが、金光は洋一を見捨てて少年を連れ去る。金光がヤクを仕入れようとするはずだと聞かされた探偵は、単身で泉のアジトに向かった。行動をともにするうち、探偵の男気に共感し始めた矢能は、彼を殺さないでやってくれと組長に懇願する。約束を取り付けた矢能はすぐに後を追い、自棄になるなと説得するが、探偵は少年との約束を守るためアジトに入っていく。矢能のバックアップもあって金光を仕留めた探偵は無事に少年を助け出し、洋一と深雪の再会も見届けた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1997年
製作国 日本
配給 東映ビデオ
上映時間 95
公開日 1997年11月15日(土)公開
チケット 前売りチケットを購入する