「無頼 殺〈ばら〉せ」(1969)

0点--
京浜のある工業都市へやって来た藤田五郎は、入江崎一家の代貸でムショ仲間の守山に再会する。入江崎一家と対立する関東東友会は、ことあるごとに嫌がらせをし、あげく守山を暗殺する。五郎はゴーゴー喫茶で気炎をあげる悪玉一味に怒りのドスをぶち込む。

あらすじ

藤川五郎が京浜のある工業都市へ来た時、街には不穏な空気が漂っていた。入江崎一家と関東東友会が縄張り争いをしていたのだ。五郎は、そんな雰囲気の中で、浅野弓子を東友会のチンピラから救い、引続いて入江崎の若い者をも助けた。五郎が入江崎の代貸守山と再会したのは、そんな折だった。二人は、六年前刑務所で知合った仲で、その日から五郎は、守山家へ居候することになった。そして、弓子が守山の妻美奈子の妹と知って驚くのだった。それから三日後、入江崎のシマに、「関東東友会京浜支部」の看板がかかった。守山は、この始末の相談に東京へ出かけたが、若者頭の加世田は東友会会長剣持に組の動きを密告していた。そんな折、組の若者勲が、剣持らの短刀に、倒れた。守山は、東友会の悪辣な仕打ちに復讐を誓った。殴込みは、入江崎一家の大勝利に終ったが、五郎は流れ弾を足に受け負傷してしまった。その頃、東京の鶴岡親分が両者の手打ちを買って出た。だが、守山は剣持の不意打ちに会い、守山を失った入江崎一家は、東友会の殴込みに無抵抗のまま斬られていった。五郎が、ゴーゴー喫茶で気炎をあげる剣持を襲い、守山らの復讐をとげたのはそれから間もなくのこと、仇をうって立去る五郎の顔はいつになく輝いていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1969年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 86
チケット 前売りチケットを購入する