「釣りバカ日誌S〈スペシャル〉」(1994)

【DVD発売中】

67点67
“男はつらいよ“シリーズの併映作品として出発した“釣りバカ“シリーズ。登場以来、正月興行の配収大幅アップの余勢を駆って、お盆休み一本立ての新バージョンが生まれた。今回も建設会社のダメ社員・ハマちゃんと社長のスーさんとの釣りバカコンビは健在だが、ハマちゃんの愛妻・みち子さんとスーさんの不倫疑惑がこの名コンビ最大の危機を呼ぶのがミソ。5年ぶりのメガホンとなる森崎東監督は、西田敏行のダブダブの肉体を目一杯使いこなした猪突猛進型アクションに、突然できてしまった妻との距離を埋めようともがく超愛妻家の感情をあふれさせる。今までのシリーズとは一味違う骨太の人情喜劇。

あらすじ

鈴木建設社長・鈴木一之助ことスーさんのもとに友人・山内昭男が訪ねて来た。息子の健吾が佐々木課長の娘・志野に一目惚れしたという。スーさんは佐々木課長を呼びつけ見合い話をまとめる。一方浜ちゃんは出張で、留守中にスーさんはみちこさんと世間話でもして帰ろうと彼の家に立ち寄るが、ビールに酔って寝入ってしまう。翌朝早くスーさんは帰宅するが、近所の自転車屋田宮が目撃し、出張から帰ってきた浜ちゃんに教えたので、不倫騒ぎになってみちこさんは島根の実家に戻ってしまう。一方、志野が健吾との見合い話を断ってしまったことから、佐々木課長は社長室でスーさんに辞表を提出。そこにボロボロの姿で浜ちゃんも乱入、同じように辞表を提出する。スーさんの説得で2人は辞表を退けられ、浜ちゃんはみちこさんを迎えに行く。みちこさんに誤解だったと謝る浜ちゃん。そこにスーさんが追いかけて来て、2人で仲良く鯛釣りに出かけるのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1994年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 106
チケット 前売りチケットを購入する