「新網走番外地・嵐呼ぶダンプ仁義」(1972)

【DVD発売中】

60点60
刑務所で殺された兄弟分の妻の窮地を救うために、末広勝治は悪徳ボスと死闘を演ずる。結局この作品が最終作となり、7年間続いてきたロング・シリーズはここに終わりを告げたが、有終の美は飾れなかった。

あらすじ

網走刑務所。末広勝治、北野鉄雄、石松五郎の三人の兄弟分が入所していた。ところが、古顔の源治と事ある度に対立し仮釈を間近にひかえた鉄雄が、源治に殺されてしまった。やがて出所した末広と五郎は、鉄雄の妻冴子のいる北野土木を尋ねる。現在北野土木は、北海ダム建説を請け負っていた。そこには全国から流れ者のダンプ運転手が集まって来ており、ゆう子、三太郎もその中の一人だった。冴子に一目惚れし、また大沼土木の熊吉らが工事の妨害をすると知った末広は冴子に助勢すべく北野土木で働く。やがて、露骨に妨害して来た熊吉は、末広のダンプを崖下につき落し、尚も末広をスピード違反に誘いこみ、警察に捕えさせ、末広は運転免許停止になってしまう。末広は、それからはダンプの列の間をぬって馬車で土を運ぶのだった。その頃、六年振りに網走刑務所を出所した中神が、兄弟分の大沼の家へ草鞋をぬいでいた。冴子に横恋慕していた北野土木の世話役江崎は、冴子の心が勝治に傾いていくのに嫉妬し五郎と三太郎にダンプの荷台に荷枠をはめれば土を二倍運べると入知恵をし、大沼土木へと寝返った。やがて、大沼が荷枠のことを警察に密告し、冴子は営業停止の処分を受けてしまった。末広はダム工事の最高責任者山村を説得し、見事、処分徹回にこぎつける。一方、大沼組の妨害は止とまらず、五郎と三太郎が捕われ、二人を助けに行ったゆう子が惨殺されてしまう。送り届けられた亡骸に末広と冴子の心は痛んだ。、そしてその夜、残っていた北野土木のダンプにダイナマイトが投げつけられ炸裂した……。丘の上、真新しい数本の墓標に末広は別れを告げ、大沼組へ馬を馳る。大沼組事務所、末広の前に立ち塞がったのは中神だった。一宿一飯の義理、真っ向から激突する二人のうち末広のドスが一瞬の隙に中神を捉えた。末広の振り上げられるドスが次々と血しぶきを上げる。やがて、壁ぎわに追いつめた大沼の胸に深々とドスを突きさすのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1972年
製作国 日本
配給 東映=東映東京
チケット 前売りチケットを購入する