「0課の女・赤い手錠」(1974)

【DVD発売中】

77点77
篠原とおるの人気劇画の映画化。女刑事・零は、大物政治家の一人娘を誘拐犯人たちの手から極秘裡に救出するという特殊任務を命じられる。巧みに一味のなかへ潜り込むが、凌辱された娘を見限った政治家は、犯人たちもろとも、娘も刑事も抹殺することを命じ、警察と犯人たちを交えた三つ巴の戦いが始まる……。想像を絶する暴力の世界で犯されても、殴り蹴られても、表情一つ変えず冷ややかに受けとめる杉本美樹に圧倒される。実の弟を殴り殺して血の海に沈めてしまう郷英治の悪役ぶりもすさまじく、ゴミで埋まった空き地を舞台に繰り広げられる銃撃戦は、今までの日本映画にはない迫力に満ちている。

あらすじ

0課とは、警視庁におかれた秘密の捜査課で、法にとらわれず、特殊任務をおびて犯人を追う。長い黒髪で、冷たい感じを与える美貌の女刑事・零は、上役たちの企みで、迷宮入りにされかけた友人エミイ殺しの犯人を捜し出して殺したために留置場に入れられた。そこには、かつて零が捕えた女囚たちがおり、零は激しくリンチを加えられた。そのころ、刑務所から出所したばかりの仲原を首領格とする“ヨコスカの玉ころがし”と称する、稲葉、野呂、関、そして仲原の弟・義明たちは、海岸でアベックを襲い、男を殺し、娘を強姦した。ところが、その娘が、次期総理大臣候補・南雲善悟の娘・杏子と知った仲原は、南雲に身代金三千万円を要求した。南雲は、杏子を政・財界の有力者の息子と結婚させようとしていたため、谷、日下両警部に「生きたまま娘を連れ戻し、事件の全てを極秘にすること」を命令した。そこで、日下は、犯人のグループに送り込む刑事として零に白羽の矢をたて、杏子を無事に救い出すことを条件に釈放した。三千万円の受け取りの時に危機に陥った仲原を救うことによって、零は仲原たちが隠れているスナック“純”に潜り込んだ。そして、“純”のママ・加津子が零の顔を知っていたため、秘かに加律子を殺した。一方、三千万円が全部ニセ札だったために仲原は、今度は一億円を要求した。だが、その金を受け取りに行った野呂は、日下に射殺され、仲原たちの居場所も警察に知られてしまった。“純”をかこまれた仲原は、裏切ろうとした義明を殺し、御殿場まで逃げのび、外国人の別荘に隠れた。しかし、零にそそのかされた稲葉が逃げだすが、日下に捕えられた。拷問にかけられ、零と手を組むよう要求された稲葉は、別荘に戻るが、仲原に見破られ、射たれる。しかし、稲葉は零が警察の犬であることを喋って死んだために、仲原と関は、零と杏子を楯に銃撃戦を始めた。ところが、杏子が正気でないと知った南雲は、日下に零と杏子を殺すように命令した。車で必死に逃げる仲原たち。運転していた関が撃たれて死んだ。逃げきれぬと知った仲原は零を犯そうとしたが、その瞬間、零は仲原の首に手錠を巻きつけ力いっぱい引き絞った。仲原も死んだ。だが、警官隊の発砲は止まなかった。日下の裏切りに気づいた零は、反撃して日下の車を銃撃し、日下は火だるまになって死んだ。それから数日後、正気に返った杏子を、零は警視庁の前で車から降ろした。杏子を取り囲む新聞記者。やがて南雲は失脚するだろう、長髪を顔になびかせた零の顔は爽やかだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1974年
製作国 日本
配給 東映=東映東京
チケット 前売りチケットを購入する