「復讐/消えない傷痕」(1997)

70点70
徹底的に大胆な長回しのショット。感情移入をさけるかのような乾いた編集。「神田川淫乱戦争」以来、気になる監督として存在してきた黒沢清が、久々に本領を発揮した注目作だ。

あらすじ

妻を殺された元刑事・安城の復讐は終わっていなかった。山本という偽名を使い古紙回収所で働く安城は、妻殺しの背後に潜んでいた何者かを追い続け、今またそのうちの一人、山野辺興業社長を暗殺し終えたところである。そんな安城の正体を知らぬ暴力団吉岡組の吉岡組長は、偶然知り合った彼をまるで親しい兄弟分のように扱っていた。一方、独自にヤミ資金ルートの捜査を進めていた刑事の西は、山野辺殺人事件の捜査途中で、安城もまたヤミ資金関係者を追っていることに気付く。ヤミ資金に連なる殺人事件に関わり、そして妻を殺された安城は、その黒幕を捜しつつ復讐を続けていた。だが警察もヤミ資金に絡むらしく安城の関係資料は抹消され、西の言葉も聞き入れられない。西は安城と接触し、検察庁の極秘書類を渡す代わりに関係者リストの作成を依頼した。やがて安城は同じアパートの貝原服飾学院生・美津子から、ヤミ資金に関わった学院の資料を譲り受け、次の標的を日本流通企画元会長・小笠原に特定する。小笠原宅に乱入した安城は、自分が妻殺しの黒幕だと語る病床の老人の首に手をかけたが、余命幾許もない老人を絞め殺すことはできなかった。その頃、いつも安城を誘っては躁鬱的行動を繰り返していた吉岡の組に、組員の高木が本家・国士会の総長に目をかけられるという出世譚が沸き起こる。だがシャブに体を犯された吉岡は高木を撃ち殺してしまい、その後で安城をドライブに誘った。しかし、ふたりはどこにもたどり着けなかった。やがて吉岡は取り憑かれたように国士会に殴り込んでいく。また小笠原の存在を安城から教えられた西も、のちに川に浮かぶことになった。そして安城は、おそらくすべての罪をひとりで背負うつもりの小笠原を、義務であるかのように撃ち殺す。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1997年
製作国 日本
配給 ケイエスエス
上映時間 80
公開日 1997年5月31日(土)公開
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する