「拳銃無頼帖 抜き射ちの竜」(1960)

【DVD発売中】

47点47
決して相手を殺さず、その肩を射ち抜いて利き腕を失わせることで有名な“抜き射ちの竜“こと剣持竜二。彼は麻薬密輸団のボスの用心棒になり同業者、コルトの銀と対決する。

あらすじ

銀座の裏通りにある病院から、一人の麻薬患者が退院した。竜二こと“抜き射ちの竜”だ。彼は相手の肩を射抜く、殺さぬ殺し屋として怖れられていた。竜二は宮地組組長の宮地と幹部の三田を射った後、禁断症状で気を失ったのだが救けられて病院へかつぎこまれた。救った男は“コルトの銀”だった。竜二は入院費を出してくれた楊三元という男の用心棒になった。楊は麻薬密輸団のボスで、その売りさばきは堀組の手を通していたが、最近堀組に当局の手が廻りはじめたので、堀組と手を切ろうと決心していた。竜二は洋装店のマダム房江の部屋で、思いがけぬ男を見た。圭吉だった。彼は元プロ・ボクサーで、竜二の弟分だったが、今は廃人同様の麻薬患者になっていた。ある夜、竜二が始めて楊のために仕事をした帰途、警官に車にかくした麻薬を捜された。楊の一味で、密告した裏切り者がいるらしい。竜二が行くところへ、いつも姿を現わす女がいた。同じアパートにいるみどりという女だった。竜二は詰問したが、誤解だった。大きな麻薬取引が近づいた。楊は堀の口をふさぐことを竜二に命じた。竜二は銀と共に堀の事務所に乗りこんだ。わめく堀を銀が射殺した。さらに銀は、圭吉を射ち、みどりまで捕えようとした。竜二はみどりを助け、二人は愛を誓った。裏切り者はトランペット吹きの石井だった。彼はみどりの兄で、麻薬取締官だったのだ。圭吉が楊に射たれ血まみれになって転りこんで来た。竜二は怒った。倉庫街。激しい射撃戦の後、楊一味はことごとく倒れた。駈けつけた石井が、肩を射抜かれた楊に手錠をかけた。パトカーに乗る竜二に、みどりが近づいた−−。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1960年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 86
チケット 前売りチケットを購入する