「明治侠客伝・三代目襲名」(1965)

【DVD発売中】

87点87

あらすじ

喧嘩祭りに賑わう大阪の町角で、木屋辰一家の二代目江本福一が小倉の無宿者中井徳松に刺された。浄水場工事を請負う野村組の現場に資材を送りこむ木屋辰への、星野建材星野軍次郎のいやがらせであった。星野の配下唐沢組を使っての指金であることはわかっていながら、確証が掴めず、木屋辰の一人息子春夫は、不貞くされて家を飛び出した。木屋辰の乾分菊池浅次郎は、春夫の身を案じてお茶屋松乃屋を訪ねた。松乃屋の娼妓初栄が唐沢にしぼられ、親の死に目にも会えないのを知った浅次郎は、初栄を親元に帰してやるのだった。二代目は床に伏し、春夫不在の木屋辰組は、浅次郎の采配で仕事を続けた。だが唐沢組は陰湿ないやがらせを重ね、浅次郎らの足をひくのだった。資材不足で工事の遅れを詑びる浅次郎に、野村組社長野村勇太郎は、快よく励ましを送った。ある日初栄が親の死に目に会えた礼をのべるため浅次郎を訪れた。だが初栄は松乃屋で唐沢から制裁を受け、浅次郎は唐沢と対決する破目となった。木屋辰一家の客人石井仙吉の機知で浅次郎は救われたが、その時、二代目は息をひきとっていた。二代目の遺言で跡目に浅次郎があげられたが、これを不満とする春夫は家を飛び出そうとした。業を煮やした浅次郎は三代目の名は継が建材店を春夫に継いで欲しいと言い、野村に春夫の行く末を頼んだ。数日後、浅次郎の襲名披露が行われた夜、初栄は唐沢に身請けされていた。三代目の初仕事に、星野は横槍を入れたが、野村の献身的な努力で江本建材は軌道に乗った。春夫の手紙に喜ぶ浅次郎のもとに大阪のひさから、春夫、仙吉の二人が星野、唐沢に刺殺されたと知らせて来た。浅次郎は短刀を握りしめ、星野建材にのりこむと、星野、唐沢を刺した。初栄の熱い視線を受けて、三代目浅次郎は駆けつけた巡査に両手を差し出した。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1965年
製作国 日本
配給 東映=東映京都
上映時間 90
チケット 前売りチケットを購入する