「鬼平犯科帳」(1995)

【DVD発売中】

53点53
人気TV時代劇『鬼平犯科帳』をTVと同じ中村吉右衛門主演で映画化。火付盗賊改方長官・長谷川平蔵は、兇賊・蛇の平十を捕らえ、火あぶりにかけるが、平十は“仲間が必ず仇をとる“と不吉な言葉を残して果てた。平蔵の密偵・おまさは、昔なじみで今も心に秘める狐火の勇五郎と再会。その夜、盗賊が薬種問屋・山田屋に押し入り、家人らを惨殺、“狐火“の絵札を残して消えるという事件が起こった。おまさは、一味の頭は勇五郎の異母弟の文吉であることを平蔵に告げ、勇五郎と二人で文吉らのもとに乗り込む。危ないところで盗賊改方に助けられるが、文吉の背後には大坂(昔の大阪)の大盗賊・白子の菊右衛門がおり、江戸の大頭目・荒神のお豊と手を組んで平蔵失脚を謀ろうとしていた……。映画では、平蔵の情の部分とあわせ、“鬼“と呼ばれる凄味が強く描かれていく。

あらすじ

次々に盗賊を捕まえては、手柄を立てていく火付盗賊改方長官・長谷川平蔵。鬼の平蔵の異名を持つ彼の前に狐火を名乗る盗賊が現れる。罪もない人々を惨殺して火を放つその盗賊は、しかし本物の狐火・勇五郎ではなく、彼の異母弟の文吉であった。平蔵の手下でその昔勇五郎と恋仲にあったおまさは、江戸に現れた勇五郎をかばうためにそれを平蔵に密告しに行くが、情に流されて任務を怠った彼女は平蔵に一喝される。その夜、勇五郎と共に文吉一味の元を訪れたおまさは、なぶりものにされかかってしまう。だが、それを救ったのは平蔵だった。平蔵はおまさを泳がせて文吉一味を捕まえる算段を取っていたのだ。事後、勇五郎の腕を落とすという厳しくも、しかし温かい裁きを下す平蔵に感謝しつつ、二人は江戸を後にした。ところで、文吉のバックには大阪一帯を牛耳る大盗賊・白子の菊右衛門がいた。江戸をその手中に収めたい彼は、次なる手だてとして江戸の大頭目・荒神のお豊に接近。刺客たちを江戸に送り込んで来るのであった。だが、お豊は菊右衛門に協力するふりをしながら、平蔵を改方から失脚させる作戦を一人練っていた。それは、平蔵の一人息子・辰蔵を肉体で誘惑すること。だが、菊右衛門の作戦もお豊の切り札もことごとく失敗。遂に菊右衛門一味は、平蔵の同心の家族を殺すという非情の作戦に出る。これに激怒した平蔵は、江戸の入り口という入り口に手下を送り、怪しい者がいれば片端から捕らえよと命令を下す。そんな折、勇五郎を流行り病で亡くしたおまさが、菊右衛門とお豊の情報を持って江戸に戻って来た。だが、平蔵はお豊の名前を聞いて顔色を変える。お豊は、以前平蔵と訳ありの仲の女だったのだ。全てを知った平蔵は菊右衛門の手下の作戦の裏をかき、一味を倒すことに成功する。大阪の菊右衛門はその知らせを聞いて江戸進出を諦め、お豊も平蔵自らの手によって御用となるのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1995年
製作国 日本
配給 松竹=フジテレビジョン
上映時間 104
チケット 前売りチケットを購入する