「前科・仮釈放〈かりしゃく〉」(1969)

50点50
渡哲也主演“前科“もの第1作。主人公が仮釈放でシャバに出てくると、組長は殺され、昔の幹部が組を取りしきっている。兄弟分の情報で、その幹部が敵方の幹部と通じて組長を殺したのを知り、主人公は怒りのドスを抜く。

あらすじ

大原竜次は、関東新竜会会長の宮原を刺し殺した罪により七年の判決を言いわたされた。そして四年後、仮出所した竜次を待っていたのは、親分なき大矢根組だった。竜次は、子分の健から大矢根が新竜会に殺され、シマは井村が牛耳っていると聞かされた。出所早々の竜次が、元新竜会幹部の大柴に因縁をつけられたのはそんな折、その場を井村がとりなしたものの、竜次の情人ゆかりに気のある大柴はおさまらなかった。そんなある日、大矢根を殺した小山が出所して来た。大柴は早速小山に竜次暗殺を依頼し、竜次が愛している史江を囮に使った。竜次は激闘の末史江を救出したが、急場を聞いてかけつけた大矢根組元代貸の清三から、意外な真実を知らされた。それは、井村と大柴が手を結び、両方の親分を殺させ、その犠牲者が竜次と小山だというものだった。そして、今まで大矢根の遺族を養って来た清三は、単身井村組に、叩り込んでいった。一方、健も大柴に立向っていったが、竜次に凶報が伝えられるのに時間はかからなかった。復讐に燃える竜次は、やがて井村組に乗込み悪党たちを斬り倒し行った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1969年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 86
チケット 前売りチケットを購入する