「鬼火〈1996年〉」(1996)

78点78
「悲しきヒットマン」「シャブ極道」の原作者としても知られる、山之内幸夫の原案をもとにしたハードボイルドな人間ドラマ。かつて“火の玉“と異名をとり恐れられていたすご腕のヒットマン国広が、5年の刑期を終え出所する。弟分の谷川は極道への復帰を切望するが、国広は堅気になる決意を固めていた。ある日、高級クラブのピアニスト麻子に殺したい人がいると打ち明けられた彼は、心に傷を負った彼女に安らぎを見い出していくが……。極道の世界でしか生きられない男の悲しい性を、原田芳雄が哀感をにじませて好演。彼と恋に落ちるヒロインを演じる、片岡礼子のみずみずしい魅力も印象的だ。

あらすじ

かつて“火の玉”と呼ばれ、極道社会でその名を馳せたヒットマン・国広が、刑期を終えて娑婆に戻ってきた。国広がいた組はすでに解散し、かつて敵対していた明神組の傘下で外様の組長となっている谷川だけが、今も国広を兄貴分と慕って迎え入れる。今度刑務所に入ったら死刑になってしまう国広は、極道の世界から足を洗い、刑務所で知り合ったホモの坂田の部屋に居候しながら、堅気として生きていこうと決めた。しかし、谷川から明神組組長・明神が表向きに経営する金融会社の運転手の仕事を紹介された国広は、闇融資金の取り立てで手柄を立てたことから、正式な組員として明神組に迎え入れられる。明神組関連の高級クラブで出会った、アルバイトのピアノ弾きの麻子を一目で気に入った国広は、夜伽に彼女を所望した。麻子はこれを拒まなかったが、国広は坂田の部屋で添い寝するだけで手を出そうとはしない。そんな彼に、麻子は「殺したい男がいる」と言って、妹を酷い目にあわせた藤間という男の話をした。国広は銃を手に入れ、麻子に犬を撃ってみるように促し、殺すことの意味を諭す。そうして麻子もまた国広に魅かれていった。ある日、国広は麻子を伴って藤間をこっぴどく脅し、麻子こそ藤間に辱められた被害者本人であることを知る。その後、国広と麻子は激しく求め合った。ところが、藤間が明神組傘下の藤間組組長の実兄であったことから事態は急変する。国広は明神組を追われることになり、再び堅気の生活に戻ることを強いられた。それは新しい人生の始まりを意味していた。国広は印刷工の職に就き、新たに部屋を借りて麻子とともに暮らし始める。その矢先、坂田が何者かによって殺された。国広の破門だけでは収まらない藤間への示しとして謀殺されたらしい。これを黙認する明神の態度に不満を抱く谷川も、何者かの密告により警察の取り調べを受ける羽目になった。何とか麻子との暮らしを守ろうとしていた国広の内に、再び鬼火が燃え上がる。言葉もなく麻子へ別れを告げた国広は藤間兄弟を撃ち、警察に逮捕された。そんな国広を見た谷川もまた、彼を追いつめた明神に銃口を向ける。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1996年
製作国 日本
配給 ギャガ
上映時間 101
公開日 1997年4月19日(土)公開
チケット 前売りチケットを購入する