「チンピラ」(1996)

【DVD発売中】

40点40
川島透が1984年に「チ・ン・ピ・ラ」として映画化した金子正次の遺稿を、またまた大胆にアレンジした作品。血気盛んな青年と、うだつの上がらない35歳のチンピラニ人組の悲哀を綴る。「Helpless」の青山真治が効果的に長回しを用い、不思議な情感を醸し出している。

あらすじ

四国から上京した血気盛んな洋一と、もう35歳になりいまだにうだつが上がらず野心もない道夫は、まるで性格は異なっていたが、なぜか気の合うチンピラ同士だった。洋一は、雇われたクラブの社長で底知れぬ迫力を持ったやくざの大谷に魅かれ、先輩格の松尾などは鼻にもかけない。反対に道夫はやくざなど好きではなく、何事ものらりくらりとやり過ごしている。大谷の口利きで道夫に誘われ競馬のノミ屋を始めた洋一は、松尾の女・裕子を強引に口説き、奪い取ってしまう。やくざへの憧れを諫める道夫とも喧嘩になるが、それでも洋一と道夫の関係は崩れなかった。そんな洋一に先駆けるように松尾が正式に組員となり、大谷が狂気に似た強気の稼業を進めているころ、道夫は大谷の情婦・美也と関係を持ち、彼女を妊娠させてしまう。道夫と美也は大谷から許しを得るが、その大谷がチンピラに殺されてしまい、やがて洋一の胸の中には虚無感が芽生え始めた。ふたりで静かに暮らすという裕子の期待にも応えられず、裕子は洋一のもとから離れていった。そんな時、堅気になると言っていた道夫は、大谷の組の金を持って美也と行方をくらました。洋一は道夫たちを探し出し、海辺で洋一と道夫は話し合う。ふたりで指をつめて金を返そうと話は決まるが、洋一が包丁を探しに行っている間に、道夫は松尾たちの手で処刑されてしまった。ひとり残された洋一は、道夫との出会いやチンピラの日々を回想する。そして、洋一は銃を手に松尾のもとに向かった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1996年
製作国 日本
配給 ゼアリズ=タキコーポレーション=円谷映像
上映時間 101
公開日 1996年12月21日(土)公開
チケット 前売りチケットを購入する