「わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語」(1996)

【DVD発売中】

50点50
詩人で童話作家の宮沢賢治の生涯を生誕100年を記念し映画化。宗教や農業、自然や芸術と幅広い活動に打ち込みながら37年という短さで幕を閉じてしまった生涯を、彼の童話から喚起される映像を織り込んで、ファンタジックに描く。明治29年、岩手県・花巻で質屋と古着商を営む裕福な家庭の跡取り息子として生まれた宮沢賢治は、盛岡高等農学校を卒業する頃から、父・政次郎と宗教観をめぐり対立するようになる。また同じ頃、保阪嘉内という文学仲間ができ同人誌『アザリア』を発行して、創作を始めていた。数年後、父との信仰の対立から家出をした賢治は、上京して宗教団体・国柱会に入信、布教活動のかたわら童話創作に力を注いでいた。しかしその夏、最愛の妹・トシが結核で倒れてしまうのだった。東映が配給した本作に対して、同時期、松竹が「宮澤賢治 その愛」を配給して話題となった。

あらすじ

大正6年、盛岡高等農学校に通う賢治は、質屋を生業とする父・政次郎とことごとく衝突していた。質入れに来た貧しい人に対しわずかな金額しか提示しない父に賢治は喰ってかかるが、政次郎は自分はいいことをしたと思っても人にとってそれがためにならないこともあると教える。ある日、賢治の親友・保阪嘉内が放校処分にされた。志を同じくする嘉内との別れに、賢治はいつか農業の専門学校を作ることを固く約束する。そんなおり、東京の女子大に在学中の妹・トシが肺炎を患って倒れたとの知らせが入った。母・イチと病院へ駆けつけた賢治は、トシを元気づけようと自作の童話を聞かせてやるのだった。大正9年、法華経を信仰する賢治は国柱会に入信するために上京し、印刷工場で働きながら布教運動と自らの執筆活動に力を注いでいた。しかし、久しぶりに再会した嘉内との意見の対立やトシの病気再発もあって、賢治は花巻へ帰郷することになる。故郷の農業学校の教諭になった賢治は、隣接する女学校の教師で詩人の藤原嘉藤治と意気投合し、生徒たちに芝居や音楽を通じて農業を教えるというユニークな授業を行っていた。しかし、療養中だったトシが他界し、出版した本の売れ行きの悪さや教室での農業と実際とのギャップから、賢治は悩み苦しむようになる。大正15年、政次郎が町議に当選して店を弟の清六が継ぐことになり、賢治は理想郷イーハトーブを作るため、下根子桜の別荘を羅須地人会と名づけて、地元の農民と農業改革に乗り出した。そんな賢治に感動した高瀬露という小学校教諭が地人会に参加し、何かと賢治の身の周りの世話をするようになるが、賢治は彼女の愛を受けとめられなかった。東北一帯を襲った冷害と大雨によって賢治の努力は水泡と化し、自分の無力さを感じた賢治は地人会を閉鎖する。このころから、もともと丈夫ではなかった賢治の体を病魔が蝕むようになり、肥料会社のセールスをしていた賢治は無理が祟って仕事先で倒れ、昭和8年9月21日、家族に見守られながら、息をひきとった。賢治の死後、彼の残した『雨ニモマケズ』の詩を見つけた政次郎とイチは、詩を朗読しながら元気だったころの賢治の姿を記憶の中に蘇らせる。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1996年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 111
公開日 1996年10月19日(土)公開
チケット 前売りチケットを購入する