「カンバック」(1990)

0点--
ボクシングの元世界チャンピオン、ガッツ石松が、監督・主演を兼ねたボクシング映画。今は焼き鳥屋を営む元ボクサー、鈴木丈。彼は、兄が背負った莫大な借金を返すため、再びリングに上がる。対戦相手は、かつての宿敵、フェルナンド・ロペス……。ガッツ石松が自分の実像をダブらせた丈役を熱演。安部譲二の原作を倉本聰が脚色したシナリオをもとにガッツが脚本化している。

あらすじ

ボクシング界にヒーローが誕生した。石山健太郎が見事なKO勝ちで世界を制したのだ。リングサイドで観戦する元世界チャンピオン鈴木丈は「退屈だから戦うんです」と言い放つ石山に反感を覚える。丈は今や引退して「鳥丈」という焼鳥屋をやっていた。ある日、13年降りに会ったボクサー時代の友人・レジナルドから兄の陸がグアムにいることを知らされた丈は、長い間姿を消している陸にどうしても会いたいという年老いた母・絹代と妹・ルミとその夫・圭と共にグアムに飛んだ。陸と兄弟の縁を切り、それによって妻子とも別れるハメになった丈は、内心不安だったが絹代のためにグアムに家を買おうと話す陸の熱意に負け、家の代金を用立てるのだった。だが、陸には、マフィアがらみのプロモーターに莫大に借金があり、家の代金もその穴埋めに使われていた。そればかりか丈に内緒で丈の13年振りのカンバック戦まで契約していたのだった。陸はまたも行方不明、一人残された絹代は日本に戻ってきたが、旅の疲れと心労によって死んでしまう。葬儀の晩、駆けつけた陸に、「自分がカンバックすれば全て納まるのか」と問いつめる丈。だが、それは石山の前座試合という屈辱的な話だった。決心がつかない丈は、別れた妻、節子に再会し、そこで父親がいなかったためにグレてしまった息子・男に親父としての何かを残してやりたいと思い、カンバックを決意する。かつての名トレーナー・三雲にセコンドを頼み、過酷なトレーニングと苦しい減量の日々が始まった。そして、もう一度ゼロから始めようとする丈のために、カンバックのゴングは鳴った。さすがに丈にとっては、かなり不利な展開となり、死闘となった。打たれまくる丈だったが、最終ラウンドの時、遂に丈の一発が相手を倒した。丈は見事にこのカンバックを制したのだ。しかしその瞬間、丈はリング上に倒れ永遠の眠りにつくのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1990年
製作国 日本
配給 ガッツエンタープライズ
上映時間 118
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する