「RANBU/艶舞剣士」(2004)

0点--
グラビアなどで活躍中の小向美奈子主演の時代劇アクション活劇。幼い頃父を殺されたヒロインが、舞踊と剣術に長けた刺客として成長。彼女の壮絶な復讐劇が、スピード感あふれるアクションと共に描かれる。小向の仲間を演じる桜井真由美と立花彩野など、若手女優たちの熱演にも注目したい。

あらすじ

時は戦国の世。戦乱の時代を迎えようとし、密かに倒幕を企てる闇組織が蠢く時代。小野二刀流の使い手である小百合(小向美奈子)は、幼い頃、目の前で盗賊に父・小野玄斉を殺され、自身も剣で傷つけられた過去を背負い、今でも悪夢にうなされていた。慶徳寺の尼僧・紫苑(麻乃なつ希)は、小百合、そして同じように暗い過去を経験していた桜花(桜井真由美)、朱菊(立花彩野)の三人に舞踊と剣術を教え、美貌と教養、そして第一級の武芸を兼ね備えた艶舞剣士に育てていた。紫苑は三人を、倒幕を企てる闇組織の党首、黒富士半兵衛(小木茂光)の元へ刺客として送り込む。だが、旅の途中、三人は健吉(市瀬秀和)という青年と出会う。健吉は、かつて小百合と剣を交えた因縁の相手であった。健吉は果たして敵なのか、味方なのか? 健吉の道案内により、黒富士の元を目指す三人。彼女たちの前には、黒富士の手下・片目の死神(松田賢二)、赤蜘蛛のおさき(かとうあつき)、与一(柴田明良)らが、次々と立ちはだかる……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2004年
製作国 日本
配給 フェイスフル=誠和企画
上映時間 86
公開日 2004年11月6日(土)公開
映倫 R15+
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する