「透光の樹」(2004)

【DVD発売中】

42点42
役所広司主演の『絆〈きずな〉』以来、6年ぶりとなる根岸吉太郎監督による大人の純愛劇。25年ぶりに再会した中年の男女が、ある“契約“から肉体関係を結び、やがて互いの思いを純化させていく様を、求心力のある演出でまざまざと見せつける。非情さと優しさが同居する恋模様に心を打たれること間違いなし!

あらすじ

映像制作プロダクションの社長・今井郷は、仕事で訪れた石川県鶴来で、若い頃に取材した刀鍛冶・山崎火峯の娘・千桐と25年振りに再会した。多額の借金を抱え、寝たきりになった父の介護をしながら、離婚した夫との子である眉と3人で暮らしている千桐。そんな彼女に、くすぶっていた想いを蘇らせた郷は、借金を肩代わりする代わりに愛人にならないかと話を持ちかけるが、果たして千桐はそれを承諾した。春、郷と千桐は金沢で結ばれた。交われば交わるほどに、深まっていくふたりの気持ち。しかし、その時既に郷の体を病魔が蝕んでいたのだ。直腸癌。だが、延命治療より千桐との逢瀬を選んだ彼は、再び石川を訪れると千桐と激しく求め合った。千桐のもとに郷の訃報が届けられたのは、それから半年以上が経った頃のことだった――。15年後の平成16年。年老いた千桐は、アルツハイマーにかかっていた。最早、眉のことも孫のことも分からない。それでも、彼女が幸せそうに見えたのは、郷との愛を貫いたからなのだろう……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2004年
製作国 日本
配給 シネカノン=アルゴ・ピクチャーズ=イマージュ=スタッフ東京
上映時間 121
公開日 2004年10月30日(土)公開
映倫 R18+
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する