「ハーケンクロイツの翼」(2004)

【DVD発売中】

40点40
無気力に生きる無口でシャイな若者が、生きることの意味を探し求めて疾走する。ポップでパワフルな青春暴走劇。主演は『あずみ』『ロボコン』の若手注目株、小栗旬。監督を務めるのは、『ポストマン・ブルース』『ピストルオペラ』のプロデューサーであった片嶋一貴。脇を固める鈴木清順、津田寛治、韓華恵など個性的な面々の活躍にも注目。

あらすじ

中学生のときに不発弾を盗み出し、校舎を爆破しようとするが失敗。保護観察のもとで暮らすRIKUO(小栗旬)。自分のつまらない人生に嫌気がさして、死ぬことしか考えなくなったRIKUO はある日GAS(山根和馬)という男と出会う。鼻っ柱が強く、ごーマンで自己中。人を食った生意気さが売りのGAS は、やると決めたらすぐに実行する行動派。GAS のストレートな生き方を羨ましく思いながら、共に馬鹿騒ぎを繰り返すRIKUO。RIKUOの部屋には、突然転がり込んできた昔の同級生、NAMIKO(伴杏里)がいた。NAMIKOは付き合った男は必ず不幸になる、という伝説を持つ美少女。なんとなく一緒にくらしていたRIKUO とNAMIKO だったが、GAS はNAMIKOに、自分の女になるよう迫る。NAMIKO はRIKUO に好意を持っているけれど、煮え切らないRIKUO の態度に愛想をつかして、NAMIKO は部屋を飛び出る。そんなこんながありつつも、街の自警団と戦ったり、謎の男に命を狙われたり、とRIKUO とGAS の冒険は、どんどんエスカレートしてゆく。暴挙を繰り返すふたりを、人々は<ハーケンクロイツの翼>と呼ぶようになる。しかし、GAS がついにパクられてしまった! 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2004年
製作国 日本
配給 リベロ=スープレックス=ドッグシュガー
上映時間 90
公開日 2004年7月24日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する