「ムーンライト・ジェリーフィッシュ」(2004)

【DVD発売中】

68点68
現在放映中のTVドラマ『新選組!』をはじめ、演技力には定評のある藤原竜也がヤクザ役に初挑戦した異色のメロドラマ。色素性乾皮症という難病と知的障害を抱える弟の治療費を稼ぐため、夜の町で暴力の世界に生きる青年が、明朗快活な看護師と出逢ったことから、明日を夢見るようになる姿を、ファンタジックな映像の中で描き出していく。

あらすじ

幼くして両親を失った寺沢セイジ(藤原竜也)は、紫外線を浴びると皮膚ガンを起こす難病「色素性乾皮症」に加え、原因不明の知的障害を患う弟ミチオ(木村了)の面倒を、たったひとりでみている。ミチオは年を重ねるごとに知的レベルが低下し、長くは生きられない。セイジはミチオの純真さに、いつも心を救われていた。しかし、治療費はかさむ一方。そこでセイジが選んだ仕事は、新宿歌舞伎町にシマを持つ山下組組長(石立鉄男)を支える暴力団組員だった。生きる希望を持たないセイジは、どんな状況下でも冷静さと冷徹さを保ち、やがて極道の世界で一目置かれる存在となった。ある日のこと、山下組の縄張りのバーで、セイジは酔っ払いにからまれた女性(岡本綾)を、偶然にも助ける。翌日、ミチオの通院に付き添っていったセイジは、その女性と再会する。彼女はミチオの担当看護士・南谷佳子だった。その日の夜、セイジとミチオは再び病院を訪れる。マンションの住人の子供たちにいじめられたミチオが、ガラスで手を切ってしまったのだ。治療の間、偶然そこに居合わせたケイコに、セイジは「色素性乾皮症」が世間には理解されないことや、それが原因でマンションに住めなくなったことを語る。普段は固く心を閉ざしているセイジだが、ケイコの前ではなぜか口が滑らかになる。一方、ケイコも歌舞伎町で助けられた一件と、ミチオの担当になったことに運命的な出会いを感じ、セイジが気になって仕方がない。勇気を振り絞って、ケイコは自分の携帯番号のメモをセイジに押し付ける。その頃、歌舞伎町には不穏な動きが目立ち始めた。山下組と敵対する遠藤組の若頭(小沢仁志)が、勢力拡大をもくろむチャイニーズ・マフィアと手を組み、山下組潰しを企んでいるようだ。警察の手入れが入り、組長は逮捕される。事件が続き、セイジが呼び出されることも以前より増えた。そんな時に、仮宿としていたホテルミチオがボヤ騒ぎを起こして、追い出されてしまう。行くあてを失ったふたりは、組の地下室に身を寄せる。途方に暮れたセイジはミチオを施設に預けるが、そんな自分を責めるのだった。セイジは、ケイコを誘う。楽観的でイキイキとしたケイコといると、セイジの心は柔らかくなる。突然現れた天真爛漫なケイコに、セイジはじょじょに惹かれてゆく。そして、胸の奥にある気持ちがふくらみはじめる。「今とは違う生き方を、試してみてもいいんじゃないか…」と。まさかこの後に、自分たち3人が事件に巻き込まれてしまうとも知らず……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2004年
製作国 日本
配給 ポニーキャニオン=ホリプロ=メモリーテック=讀賣テレビ放送
上映時間 113
公開日 2004年8月7日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する