伊藤大輔(イトウダイスケ)

人物名 伊藤大輔
生年月日 1898年10月13日
出生地 愛媛県
デビュー作 1924年「酒中日記」
プロフィール 小山内薫の紹介で、1920年、松竹キネマ付属俳優学校へ。その後、帝キネ、1925年日活へと移り、大河内伝次郎の主演で、「忠次旅日記」三部作や「新版大岡政談」(1928)など、斬新で躍動感あふれる、日本映画史上に残る時代劇映画を作りあげた。以後も時代劇を中心に監督。ほかに「王将」(1948)などがある。「幕末」(1970)を最後に映画を離れ、演劇に移った。

フィルモグラフィー