田中登(タナカノボル)

人物名 田中登
出生地 長野県
デビュー作 1972年「花弁のしずく」
プロフィール 1961年、日活入社。助監督として、ほとんどの日活監督についた。監督としては、ロマンポルノ路線の中核として活躍。「(秘)女郎責め地獄」(1973)や「実録・阿部定」(1975)など、性を独自の視点で見すえた力作を発表した。

フィルモグラフィー