岡田英次(オカダエイジ)

人物名 岡田英次
生年月日 1920年6月13日
出生地 千葉県
デビュー作 1949年「花の素顔」
プロフィール 慶大卒業後、“新協劇団”に入り、俳優に。1950年「また逢う日まで」で演じた“ガラス越しの接吻”は当時の若者に強烈な印象を与えた。1950年代は演技力のある社会派、のちに幅広い役をこなせる俳優として活躍する。1959年にはアラン・レネ監督の「二十四時間の情事」に出演、国際的な名声を得る。

フィルモグラフィー