舛田利雄(マスダトシオ)

人物名 舛田利雄
出生地 兵庫県
デビュー作 1958年「心と肉体の旅」
プロフィール 1950年、新東宝に入社し、1954年に日活へ。井上梅次、市川崑、久松静児らに師事。監督としては「錆びたナイフ」(1958)以降、石原裕次郎主演作をヒットさせた。なかでも「赤いハンカチ」(1964)はムード・アクションの傑作。日活を離れてからも、その職人的技量を買われて大活躍。

フィルモグラフィー